★全品送料無料キャンペーン実施中!(離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は送料無料!

帝王紫探訪

帝王紫探訪
商品コード 9784879400079
著者 吉岡常雄
出版社 紫紅社
税込価格 4,104円
在庫
ご注文
お問合わせ
他の販売店 アマゾンで詳細を見る

帝王紫探訪 帝王紫探訪 帝王紫探訪 印刷用ページ表示 友達に知らせる ツイートする

帝王紫探訪について

“帝王紫”をはじめ染色の源流を訪ねて歩いた17年の紀行。

紫ほど人の眼をとらえて魅了する色はない。そのなかでも“帝王紫”と崇められた高貴な色。海に生息する貝より色素を抽出するという幻の色を求めて、その伝統の地イタリア、ギリシャ、エジプト、レバノン、ペルー、メキシコと、世界を駆け巡って調査旅行を重ねてきた17年間の記録。帝王紫の歴史や作家芝木好子氏との対談も収録。

帝王紫とは
アクキガイ科の貝の内蔵には、パープル腺と呼ばれる特殊な腺があり、これを取り出して太陽に当てると紫色に変化する。わずか1グラムの色素を得るために2千個の貝を必要とすることから、貴重な天然顔料であった。そのため、ロイヤル・パープル (帝王紫)、ティリアン・パープルと呼ばれ、ギリシャ・ローマ帝国では皇帝や貴族にしかその使用は許されなかった。伝説によると、シーザー暗殺後にアントニウスはエジプトに帰っていた女王クレオバトラを呼び寄せるが、そのときクレオパトラを乗せた船の帆も貝紫で染められていたといわれている。

ヴルフィラ福音書/シャルルマーニュの福音書/ロッサーノ福音書
ヴルフィラ福音書/シャルルマーニュの福音書/ロッサーノ福音書
羊皮紙を貝の紫で染め、その上に絵や文字を描いた聖書

「はじめに」より

無限ともいうべき色彩のなかでも、とりわけ紫には、高貴な色、不思議な魅力を秘める色というイメージを人々は抱いてきたと思うが、「そのもとは、実は貝なのです」と言うと、大半は怪訝な顔をされる。確かに化学染料が発明されるまでは、衣裳に染めた色のほとんどは、野にある草花や樹木から採り出す植物染料を使ってきたのだから、貝という動物性のものに疑問を抱くのも致し方あるまい。しかし、貝の内蔵で紫を染めるということも、それら植物染料と同じく長い歴史を持つものなのである。

帝王紫探訪 目次抜粋

  • 帝王紫の歴史
  • [図版]
  • オリエント
  • ヨーロッパ
  • アンデス文明
  • メキシコ・グァテマラ
  • 帝王紫の貝 貝紫の発色過程
  • [本文]
  • 貝で紫を染める
  • 地中海とヨーロッパの帝王紫の歩み
  • アンデス文明の貝紫
  • メキシコ・グァテマラ・コスタリカの貝紫
  • 帝王紫紀行
  • 日本
  • ヨーロッパ・地中海
  • メキシコ・グァテマラ
  • ペルー
  • 吉岡常雄 帝王紫作品
  • 対談 帝王紫を語る 芝木好子vs吉岡常雄
  • 帝王紫調査研究年譜

帝王紫探訪詳細

写真 藤森武
ページ数 160ページ
本のサイズ 29.7 x 22 x 1.4cm / 0.94kg
ISBN-10 4879400076
ISBN-13 9784879400079
英名 The Search of “Imperial Purple”
英語表記 No English text included

書籍検索