吉岡幸雄が選んだ今月の色
日本の伝統色 壁紙無料ダウンロード

ツイートする「染司よしおか」五代目当主、吉岡幸雄氏に毎月、日本の色にまつわる様々なお話をしていただくコーナーです。紫紅社特製カレンダー付き壁紙とともに、毎月月末に更新の予定です。

5月 杜若色(かきつばたいろ)

「染司よしおか」吉岡幸雄

五月の中頃をすぎると、杜若の花便りあちこちから聞こえてくる。剣を立てたような深い緑の葉の重なりのうえに、わずかに赤味をおびた紫の花がのったように咲いている。

京都であれば、上賀茂神社の末社、大田神社の群生がよく知られている。山科の勧修寺の花も見事である。その美しい姿を見ると、誰もが鮮やかな花の色を衣に写したいという衝動にかられるだろう。

万葉の大らかな時代の人は、「住吉の浅沢小野の杜若衣に摺りつけ着む日知らずも」という歌をのこしている。花染、あるいは摺り染という、子供が道すがら野に咲く花を摺るような遊び心を歌っているのである。だが、このような幼稚な染色では、しばらくは花の色が保たれているが、水に遭えばたちまち流れてしまう。

杜若の花のような紫の色は、古来、高貴な色として尊ばれてきた。それをあらわすには、中国や日本では紫草の根を用いる。

紫草は、杜若と同じ頃に花をつけるが、それは白く小さく可憐である。その草の姿からは、紫の色はまったく観ることはできない。

土のなかに伸びている根に色素が含まれているのである。

私たちの工房では、この根を石臼で搗いてから麻の袋に入れ、湯のなかで揉みながら紫の色を出す。これで染めたあとは椿の生木を焼いてつくった灰の液を漉したもので発色していくと、杜若の花の色になる。

紫草の花と根
紫草の花と根

5月カレンダー付き壁紙

王朝のかさね色辞典(紫紅社刊) より、染司よしおか制作、植物染め作品を壁紙にしました。

カレンダー付き壁紙

※お使いの画面の解像度に合ったサイズをお選びください。


『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄著

日本の伝統色 ミニ知識

茶 赤 青 紫 黒 黄

関連リンク:
吉岡幸雄プロフィール
吉岡幸雄の書籍
吉岡幸雄公式サイト
染司よしおか京都店

紫のゆかり 吉岡幸雄公式サイト