吉岡幸雄が選んだ今月の色
日本の伝統色 壁紙無料ダウンロード

ツイートする「染司よしおか」五代目当主、吉岡幸雄氏に毎月、日本の色にまつわる様々なお話をしていただくコーナーです。紫紅社特製カレンダー付き壁紙とともに、毎月月末に更新の予定です。

5月 紫の物語

吉岡幸雄著『源氏物語の色辞典』より

紫紅社刊『源氏物語の色辞典』「桐壺」より

『源氏物語』に一貫している色といえば「紫」があげられる。

平安京の政治の場は大内裏 (だいだいり)という、今でいえば皇居と霞が関が一緒になったような一帯だった。その中で、天皇の住まいを内裏とよび、右近の橘、左近の桜が配された南の庭をもつ紫宸殿 (ししんでん)が建ち、天皇が鎮座する高御座 (たかみくら)は紫の布で覆われている。

天皇や皇后をはじめ、女御、更衣たちが住まう後宮へは、建物や渡廊でつながっている。建物はそれぞれ弘徽殿 (こきでん)淑景舎 (しげいしゃ)飛香舎 (ひこうしゃ)という正式な名称のほかに、壺、つまり中庭に咲く花にちなんで、桐壺、藤壺、梅壺と呼ばれるものもあった。

桐も藤も花は紫色であるし「若紫」の帖に登場する可憐な少女、光源氏がもっとも愛するのちの紫の上が登場するところを見ても、この物語のなかに脈々と流れる色は紫と言えるようである。

『源氏物語』はまさしく「紫」の物語である。

※続きは紫紅社刊『源氏物語の色辞典』にてどうぞ。吉岡幸雄直筆サイン入りの本もございます。

5月カレンダー付き壁紙

王朝のかさね色辞典(紫紅社刊) より、染司よしおか制作、植物染め作品を壁紙にしました。

カレンダー付き壁紙

※お使いの画面の解像度に合ったサイズをお選びください。


『王朝のかさね色辞典』吉岡幸雄著

日本の伝統色 ミニ知識

茶 赤 青 紫 黒 黄

関連リンク:
吉岡幸雄プロフィール
吉岡幸雄の書籍
吉岡幸雄公式サイト
染司よしおか京都店

紫のゆかり 吉岡幸雄公式サイト