ツイートする 若冲と京の美術 細見コレクションの精華
@熊本県立美術館
2017年9月16日(土)〜11月12日(日)

熊日創立75周年記念 若冲と京の美術 細見コレクションの精華

熊日創立75周年記念
若冲と京の美術 細見コレクションの精華

京都市・岡崎に位置する細見美術館は、大阪の実業家・故細見良氏(初代古香庵[ここうあん]1901-79)にはじまる細見家三代のコレクションをもとに、平成10(1998)年に開館しました。収蔵作品は、仏教・神道美術から茶道具、蒔絵調度、古典文学を題材にした物語絵、京都の情景を描いた近世初期風俗画、そして琳派や伊藤若冲を中心とする江戸時代の絵画など、日本美術の分野・時代を網羅する優品の数々からなります。中でも伊藤若冲のコレクションは、質量ともに大変優れたものとして広く知られています。

本展覧会では、若冲や琳派の絵画作品、風俗画、物語絵、蒔絵調度、茶道具などの細見コレクションの優品が一堂に展示されます。

熊日創立75周年記念
若冲と京の美術 細見コレクションの精華

【開催期間】
2017年9月16日(土)~2017年11月12日(日)
前期:9月16日~10月22日
後期:10月24日~11月12日
(作品保護のため会期中に作品を一部入れ替えます。)

【会 場】
熊本県立美術館本館 二階展示室

【観覧料】
一般1000円(800円)
高大学生800円(600円)

詳細は 熊本県立美術館の公式案内をご参照ください。

若冲と京の美術 細見コレクションの精華若冲と京の美術
京都・細見コレクションの精華


京都の細見美術館が誇る古美術 94点

細見美術館 琳派のきらめき細見美術館 琳派のきらめき

「琳派美術館」の異名をもつ
 細見美術館の集大成図録

紫紅社刊『若冲と京の美術 京都・細見コレクションの精華』

若冲と京の美術
京都・細見コレクションの精華

本書は伊藤若冲の作品を中心に、華やかな京の姿を映す遊楽図や祭礼図、古典文学を題材とした物語絵や歌仙絵、茶の湯の美術など、京都の細見美術館が誇る古美術 94点が一堂に展観した、大好評の名品展図録を改訂したものです。