ツイートする 美術館「えき」KYOTO
『日本の色・四季の彩 染色家 吉岡幸雄展』
招待券プレゼントキャンペーン!

「日本の色・四季の彩 染色家 吉岡幸雄展」
日本の色・四季の彩 染色家 吉岡幸雄展
2015年1月2日(金) 〜1月18日(日)
美術館「えき」KYOTO
(JR京都駅ビル内)

キャンペーン対象書籍を
紫紅社オンラインショップにてお買い求めの方
先着20名様に招待券をプレゼント!
(お一人さま1枚)

染織史家・吉岡幸雄氏の著書『日本の色辞典』『源氏物語の色辞典』『王朝のかさね色辞典』『日本の色の十二カ月』『よしおか工房に学ぶ はじめての植物染』『自然の色を染める』『更紗』のいずれかを紫紅社オンラインショップにてご購入の方、先着20名様に『日本の色・四季の彩 染色家 吉岡幸雄展』招待券をプレゼントいたします!

※招待券はお一人さま1枚に限らせていただきます。また、招待券のお届けはお買い求めの書籍に同封させていただきます。招待券がなくなり次第、本キャンペーンは終了いたします。

美術館「えき」KYOTO
日本の色・四季の彩 染色家 吉岡幸雄展
2015年1月2日(金) 〜1月18日(日)

染司よしおかは、京都の地で江戸時代から続く染屋で、私、吉岡幸雄で五代を数えます。日本において古くから伝わってきた植物染、つまり自然に存在する草木花の中から美しい色彩を引き出して絹や麻、木綿、和紙などの素材を染めることを生業としております。晩秋に入ると収穫された稲藁を竃で燃やし、灰汁をつくり、一月からは二月二十日にお納めする奈良東大寺修二会(お水取り)で飾られる椿の造り花の和紙を紅花で染める、というように一年を振り返ると、工房の仕事は歳時記のようであり、自ずと季節の細やかな変化や移ろいに敏感になります。また、薬師寺、岩清水八幡宮など古社寺の伝統的な行事にも関わり、日本古来の染織技法を探求することにも重きをおいております。

本展では、春夏秋冬、移りかわる季節を表現した作品、古社寺にお納めしております和紙の造り花や伎楽衣裳、そして現代の生活に加えられる美しい色彩を一堂にご覧いただきます。めでたき一年のはじまりから、暦をきざむように日本の色、四季の彩をどうぞゆっくりお楽しみください。

染司よしおか・吉岡幸雄

吉岡幸雄氏によるギャラリートーク
1月 2日(金)・3日(土)・4日(日)・
10日(土)・11日(日)・12日(月・祝) 各日午前11時〜

吉岡幸雄氏トークショー&ー映画「紫」上映会
2015年1月10日(土) 開場午後3時/開演午後3時30分
キャンパスプラザ京都にて染司よしおかの吉岡幸雄・福田伝士の情熱を追ったドキュメンタリー映画「紫」 上映。
*トークショー&上映会にご参加いただくには、本キャンペーンプレゼント招待券とは別の「展覧会入館券付チケット」をお買い求めいただく必要がありますのでご了承ください。

『日本の色・四季の彩 染色家 吉岡幸雄展』について、詳しくは pdf 版ご案内をご覧ください。

関連リンク:
吉岡幸雄プロフィール
吉岡幸雄著書(著者直筆サイン入り本もございます)

紫のゆかり 吉岡幸雄公式サイト