★全品送料無料キャンペーン実施中!(離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は送料無料!

Kyoto Kyoto Kyoto

Kyoto Kyoto Kyoto
商品コード 9784925080965
写真 ゴラーズ・ヴィルハー、シャルロッテ・アンダーソン (文)
出版社 IBCパブリッシング
税込価格 3,564円
在庫
ご注文
お問合わせ

Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto Kyoto 印刷用ページ表示 友達に知らせる ツイートする

Kyoto Kyoto Kyotoについて

日本人が見過ごしていた京都がここに。

JR京都駅から伝統的な京都まで、美しい京都を街、祭り、庭園の3章に分けて紹介。1985年から日本を拠点に活躍している、スロヴェニア生まれの写真家、ゴラーズ・ヴィルハーと米国人写真家兼作家シャルロッテ・アンダーソン夫妻による英文オールカラー写真集。日本人の気付かない京都の美しさを堪能できる写真集。
新感覚の東京の写真集。お土産やギフトにも最適。1985年から日本を拠点に活躍している、スロヴェニア生まれの写真家、ゴラーズ・ヴィルハーと米国人写真家兼作家シャルロッテ・アンダーソン夫妻による英文オールカラー写真集。

★海外への贈りもの、外国からのお客様へのギフトにも大人気。
★法人様でまとめてお買い上げご希望の方は別途ご相談ください。
お問い合わせフォーム (暗号化通信対応)

Kyoto Kyoto Kyoto is a captivating portrait of a venerable city!

Kyoto holds a special place in the hearts of the Japanese people. Sustained by more than 1,200 years of history, this former imperial city preserves a tremendous wealth of the ages, and its refined cultural attainments remain evident in traditions still honored today. Amid contemporary urban dreariness hide endless instances of sublime beauty. Behind reed screens, the mysterious and alluring world of the geisha carries on. The city’s many temples and shrines safeguard remarkable treasures of religious art and architecture, while their parishioners favor the gods with some of the nation’s grandest festivals and rituals, in keeping with the city’s historically eminent position. From the subtle splendor of imperial and aristocratic estates to the spirituality of Buddhist temple gardens, and from nature idealized and perfected to philosophical abstractions of sand and stone, such a gathering of gardens exists nowhere else. The authors invite us to relish the city’s profound legacy, as they themselves so obviously do. Kyoto is one of a kind, and so is Kyoto Kyoto Kyoto.

Kyoto Kyoto Kyoto詳細

言語 英語
ページ数 142ページ
本のサイズ 22 x 18 x 1.8cm / 0.46kg
ISBN-13 9784925080965

ゴラーズ・ヴィルハーGorazd Vilhar)略歴
1955年、スロヴェニア生まれの写真家ゴラーズ・ヴィルハー。そのクリエイティブパートナーであるアメリカの作家、写真家シャルロッテ・アンダーソン (Charlotte Anderson)。1985年より日本へ居を移したふたりは日本や海外の文化と旅をテーマにした作品を、国内外の雑誌で発表し続けている。

書籍検索