★全品送料無料キャンペーン実施中!(離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は送料無料!

茶の本 (岡倉天心):
The Book of Tea

茶の本 (岡倉天心)
商品コード 9784896846850
著者 岡倉天心 (著)、松岡正剛 (序文)
出版社 IBCパブリッシング
装丁 新書サイズ
税込価格 1,296円
在庫
ご注文
お問合わせ
備考 本書1冊のみご注文の場合はメール便でお送りします。3〜5日かかります。

茶の本 (岡倉天心) 茶の本 (岡倉天心) 茶の本 (岡倉天心) 茶の本 (岡倉天心) 茶の本 (岡倉天心) 印刷用ページ表示 友達に知らせる ツイートする

茶の本 (岡倉天心)について

岡倉天心『The Book of Tea』の日英対訳バイリンガル版。

幕末の横浜に生まれた 岡倉天心 (本名: 岡倉覚三) は貿易商の父のもとで早くから英語に親しみ、国際人として育つ。東京開成学校 (後の東京大学) でフェノロサに学び、助手兼通訳として日本全国の古美術調査に帯同した天心は、文明開化の余波で衰退しつつあった仏教美術の保護に力を注ぐ。東京美術学校 (現在の東京芸術大学) や日本美術院を創設し、新日本美術運動の中心的存在となった天心は今から100年前の時代に流暢な英語を操り本書を上梓。ユーモアすら交えながら茶道の何たるかを詳解し、日本と東洋の美意識を西欧に向けて説いた本書は先んじて世に出た『武士道』とともに、当時欧米の知識層が東洋と日本の価値観を理解する重要な手がかりとされた。1906年ニューヨークにて初版刊行。本書は日本語と英語原文の対訳

序文「生の芸術の響き」(松岡正剛氏)より

『茶の本』はまるで透き通った虫の翅のように薄い本であるが、その翅がひとたび震えると、日本精神の真髄が遠くまで響いていくものになっている。

茶の本 (岡倉天心) 目次抜粋

  • 序文 生の芸術の響き (松岡正剛)
  • 第1章 心の器
  • 第2章 茶の流派
  • 第3章 道教と禅
  • 第4章 茶室
  • 第5章 芸術鑑賞
  • 第6章 活花
  • 第7章 茶人

茶の本 (岡倉天心)詳細

言語 日本語/英語
ページ数 180ページ
本のサイズ 18.8 x 11.3 x 1.8cm
ISBN-13 9784896846850
英名 The Book of Tea
英語表記 Full text in English & Japanese

書籍検索