★全品送料無料キャンペーン実施中!(離島・海外を除く)
沖縄・離島も合計金額10,800円以上は送料無料!

櫛・簪とおしゃれ(くし・かんざし):
−粋に華やかに、麗しく−

櫛・簪とおしゃれ(くし・かんざし)
商品コード 9784879406088
編集 細見美術館
出版社 紫紅社
装丁 B5判変形
税込価格 1,944円
在庫
ご注文
お問合わせ
他の販売店 アマゾンで詳細を見る

櫛・簪とおしゃれ(くし・かんざし) 印刷用ページ表示 友達に知らせる ツイートする

櫛・簪とおしゃれ(くし・かんざし)について

単なる実用の具を離れ、女性の黒髪を彩る贅を尽くした装身具として発展した櫛 (くし)、簪 (かんざし)。澤乃井櫛かんざし美術館 (東京・青梅市) 所蔵の名品を江戸時代を中心として昭和までご紹介いたします。象牙や鼈甲など贅沢な素材を用い、日本のデザインと技術力を凝縮した、風流で粋な世界をお楽しみください。168頁 (カラー136頁)

作家
法橋光琳 (尾形光琳)、酒井抱一、原羊遊斎、飯塚桃葉、昇龍斎、柴田是真など。

櫛・簪とおしゃれ(くし・かんざし) 目次抜粋

  • 澤乃井 櫛かんざし美術館の紹介
  • 「女性の結髪文化と髪飾り」村田 孝子
  • 古代の結髪から日本独自の垂髪へ
    • 垂髪から再び結髪文化へ
    • 美しく花開いた江戸時代の黒髪
    • 髷 (まげ) の発生から髱 (たぼ) の流行へ
    • 髱から鬢、燈籠鬢 (とうろうびん) が一世風靡
    • 鬢から再び髷が主役に
    • 江戸時代の髪飾り
    • 西洋の髪型文化について
  • 作品
    • 在銘の美 匠たちのて技と意匠
    • こだわりの型と材質 より美しく、華やかに
    • 季節を彩る装身具 美と技と女ごころ
    • 美しき文様 憧れとトレンド
    • 近代の髪かざり 伝統と進化
    • 美しく飾る おしゃれの可能性
  • 作家解説
  • 用語解説
  • 髪型の各部と髪かざりのいろいろ
  • 作品リスト

櫛・簪とおしゃれ(くし・かんざし)詳細

ページ数 168ページ
本のサイズ 19.2 x 18.4 x 1.7cm / 0.44kg
ISBN-13 9784879406088
英語表記 くしかんざしとおしゃれ

書籍検索