ツイートする 特別展「縞と格子」
@国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館
2017年9月12日(火)〜11月10日(金)

特別展「縞と格子」@湯浅八郎記念館

特別展「縞と格子」と
公開講座「唐桟―江戸のインド愛好」
講師:広岩邦彦 氏 (『近世のシマ格子』著者)

国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館所蔵のコレクションより、縞や格子が施された染織品、陶磁器や紙工品などが展示されます。

また、10月7日(土)に『近世のシマ格子:着るものと社会』(紫紅社刊) の著者、広岩邦彦氏による公開講座「唐桟―江戸のインド愛好」が開かれます (聴講無料・要予約)。

特別展「縞と格子」

【開催期間】
2017年9月12日(火)〜11月10日(金)
午前10時〜午後5時(土曜日は午後4時30分まで)
休館 日曜・月曜・祝日

【会 場】
国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館
〒181-8585 東京都三鷹市大沢3−10−2
TEL: 0422-33-3340
(入館無料)

【公開講座】
演 題:「唐桟―江戸のインド愛好」
講 師:広岩 邦彦 氏 (『近世のシマ格子』著者)
日 時:2017年10月7日 (土) 14:00〜15:30
会 場:湯浅八郎記念館エントランスホール
聴講無料・事前予約制(先着100名)
ご予約方法は公式案内をご参照ください

国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館
ICU Hachiro Yuasa Memorial Museum

日本の色辞典『のしめ《熨斗目》』(吉岡幸雄・著)
江戸時代の縞・格子・絣事典
(紫紅社文庫シリーズ)

紫紅社刊『近世のシマ格子: 着るものと社会』広岩邦彦著

おしゃれな「縞」には嫌われた過去があった…
広岩邦彦著『近世のシマ格子』