ツイートする NHK Eテレ趣味Do楽『にっぽんの布を楽しむ』
『日本の色辞典』著者・吉岡幸雄が講師を務めます。

趣味Do楽『にっぽんの布を楽しむ』

アマゾンで購入する

紫紅社オンラインショップで購入する
(在庫限り!)

趣味Do楽『にっぽんの布を楽しむ』
〜訪ねて・ふれて・まとう〜(全9回)

世界から注目を集めている「にっぽんの布」。その魅力を伝える「趣味Do楽」シリーズで、京都の染司よしおか五代目当主、『日本の色辞典』『源氏物語の色辞典』『王朝のかさね色辞典』などの著者、吉岡幸雄氏が講師をつとめます。

【総集編 再放送】
2015年1月29日(木) 午前10:15〜 NHK総合
2015年2月3日(火) 午前11時30分〜 NHK Eテレ

2014年12月2日(火) 〜2015年1月27日(火)(全9回)
【本放送】
 Eテレ 毎週火曜 午後9時30分〜9時55分
【再放送】 
 総 合 同週木曜 午前10時15分〜10時40分 (12/31除く)
 Eテレ 翌週火曜 午前11時30分〜11時55分

第1回 さらりと透ける『麻』
木綿が普及するまで人々がまとっていたのは麻布。
麻作りが伝わる福島へ。

第2回 心の色・ジャパンブルー『藍染め』
かつて選民がまとう布を主に染めていた藍。
藍作りを尋ねて徳島へ。

第3回 素朴でキュート『絞り染め』
古代から多種多様な模様を生み出してきた絞り染め。
愛知の絞り染めの街へ。

第4回 木綿が生み出すシンプルビューティ
『縞 (しま)・格子 (こうし)・絣 (かすり)』

木綿が普及すると染めた糸で模様を織り出す技が。
受け継がれる技を島根と福岡に。

第5回 糸と針で暮らしを刻む『刺し子』
麻布を暖かく着るために生まれた東北の刺し子と出会いに青森へ。

第6回 華やかに風土を染める
『更紗 (さらさ)・友禅 (ゆうぜん)・紅型 (びんがた)』

かつてインドから伝わった衝撃的な色使いの更紗から友禅や紅型が。京都で探訪。

第7回 しなやかに輝く『絹・ちりめん』
絹は天然繊維で最も細く長いため高度な織物に。
京都と愛媛に伝統の技を尋ねる。

第8回 娘・孫へ引き継ぎたい『紬 (つむぎ)』
絹織物の一種で独特の素朴な風合いの紬。独特の風合いの秘密を茨城と福島で探る。

第9回 総集編


ちりめん変化』『更紗』『古布の絵』『日本伝統絞りの技
自然の色を染める: 家庭でできる植物染
袢纏 法被 (はんてん はっぴ)


和更紗
和更紗(長崎、堺、鍋島、京など)の優品260点を
総原色版で収録した、型染の貴重な資料。

趣味Do楽『にっぽんの布を楽しむ』NHK 趣味Do楽テキスト
『にっぽんの布を楽しむ』

作り方も紹介!
藍染めのテーブルウエア
手ぬぐいマフラー
もんぺ風パンツ
こぎん刺しのクッション
ちいさな古布の袋物
ちりめんの香り玉
紬のコート

アマゾンで購入する

関連リンク:
NHK Eテレ「趣味Do楽」番組公式サイト
吉岡幸雄 著書(著者直筆サイン入りもございます)
吉岡幸雄公式サイトへ